一戸建てを購入するなら新築が良い

一戸建てを購入するなら新築がおすすめです。中古を選ぶのも悪くはありませんが、そもそも一戸建ての中古で住宅の内容に満足できる物件を見つけることが出来るかどうかは結構大きなポイントです。値段が安くてお得な中古物件を見つけることが出来ても、ボロボロで住むことが難しい場合はやはりリフォームが必要です。

リフォームすると言っても限界があり、ほとんど住宅を建て直すような内容のリフォームになるなら、更地にして新築の一戸建てを建てる方が納得出来ますし、快適な生活を送ることが出来ます。



中古は本当に物件の内容次第だと言えます。



例えば、中古の物件でもかなり状態が良く新築に近い内容で、しかもデザインも自分の好きなデザインならそのまま住むことができます。



しかしながら、このような物件は値段が高く、土地を含めて自分で一戸建てを建てるのと大差がないことは良くあります。



住宅に限らずどんな商品でも中古は値段が安いことがメリットですが、状態が悪ければ価値は格段に下がることは当たり前です。



しかも、住宅の場合は下手に中古物件に手を出すと、逆にお金がかかることもあります。



本当に納得できる中古物件でない限りは基本的に新築で一戸建てを検討しておくほうが大きな失敗をすることも少ないです。



これからマイホームを購入するというなら、上記のように中古を選ぶならしっかりといろんな物件をチェックしてメリットがあるかどうかを判断していくようにしましょう。



関連リンク

新築の一戸建ては若くして持つべきである


家族を持つとマイホームとして新築の一戸建てを検討するものですが、これは一般的に仕事の状況や収入などを考えていくと30代や40代で住宅ローンを組んで新築の一戸建てを購入する人が多いです。しかし、もっと早く20代で新築の一戸建てを持つ方がメリットが高いことを知っておきたいものです。...

新築の一戸建てはローン返済トラブルに注意


新築の一戸建てを購入する際に住宅ローンを活用するつもりなら、もし完済できなければどうなるのか、このトラブルについて知識をしっかりと持っておきたいところです。新築の一戸建てを購入する時、住宅ローンを利用する人はとても多く、契約内容として保証人や担保は必要になってきます。...